【お知らせ】ニッチでディープな秋田の地域情報を集約!パートナーメディア記事の転載を開始致しました

パートナーメディア記事転載開始|CLOCKNOTE - 秋田

いつもCLOCKNOTEをご閲覧頂きありがとうございます、運営管理人のカマダです。

新しい取り組み始めます!

地元秋田の「個人ブログ」を中心とした、地域情報発信メディアと連携開始

この度CLOCKNOTEでは、秋田県内の地域事業に関する情報発信を行う方や県内の個人ブロガーの方が発信する地元に根付いた地方ならではのニッチでディープなコンテンツを、より一層秋田を楽しみたい方の目に届かせご活用頂けるよう

コンテンツ提供(転載)にご協力頂ける「パートナーメディア」の募集、及びそれに伴うパートナーメディアの記事転載を開始致しました。

連携第一弾は「北秋田市」の話題を中心に扱う個人ブログ「コトノタネ」

コトノタネ  キャプチャ

記事提供にご協力頂くパートナーメディア第一弾は北秋田市周辺の情報を中心に発信されているブログ「コトノタネ」です。

既にブログ内で公開済みのエントリーについては順次CLOCKNOTEに転載していく予定ですので、まずは転載済みの以下あたりからご覧頂ければと思います。

【俺流レシピ】自宅で出来る!秋田の郷土料理「だまっこ鍋」の作り方徹底解説

2016.12.01

【レトロな食堂】ボリュームがすごい!大衆食堂えびす屋で名物カツ丼食べてきた(北秋田市米内沢)

2016.12.01

運営者の里園(りえん)さんが北秋田市ご出身・在住ということもあり、地元民らしい目線でニッチで魅力的な記事を多く書かれています。

秋田市周辺を中心に活動している当サイト管理人ではカバーが難しい部分まで分かりやすくレポートされているブログということもあり、今回ご協力頂くに至りました。

コトノタネでは料理人の経歴を生かした秋田の郷土料理に関するレシピも書かれていたり、様々なジャンルの記事を書かれていますので、CLOCKNOTEを通じて楽しんで頂けるコンテンツの幅が更に広がりそうです。

興味を持たれた方は是非ブログの方もチェックしてみてください!

コトノタネ

取り組み開始のキッカケはお土産データベースサイト「OMIYA!」

OMIYA 日本全国のおみやげデータベース

さて、余談になりますが。

今回パートナーメディアとしてコンテンツ提供にご協力頂くことになった「コトノタネ」管理人里園さんを知ったキッカケは「OMIYA!」という全国のお土産情報を発信しているサイトでした。

参考OMIYA! 日本のお土産情報サイト | 日本全国のおみやげデータベース

筆者個人がブログを書き始めた頃から知っていたノマド的節約術の松本さん(@peter0906が立ち上げたサービスであること、ちょこちょことSNSで絡ませて頂いているWeb製作者の今村さん(@s56bouya)という方がサイト制作に携わったということで注目させて頂いていたサイトだったのですが。

そこで秋田のおみやげ品のレビューを書かれている方が地元秋田の方だと気付き、そこから先に紹介したブログ(コトノタネ)も拝見させて頂き

これは是非何かしらの形で連携させて頂きたい。。!!

と、今回の声がけに至りました。

そもそもOMIYA!がなければ里園さんに声がけすることも、このタイミングで個人ブログ記事転載の取り組みを始めることはなかったと思うので、僕の方こそ感謝しかありません(松本さん、良いキッカケを与えて頂き本当にありがとうございました!)。

【秋田県内の方へ】パートナーメディア随時募集中です

パートナーメディア募集中

今回の「コトノタネ」記事転載開始に合わせ、秋田県内で地域情報を発信されている方でCLOCKNOTEへのコンテンツ提供(記事転載)にご協力頂ける「パートナーメディア」の募集も開始致しました。

メディアと聞くと仰々しく聞こえるかもしれませんが、この取り組みに関しては個人ブログのような、比較的小規模な地域情報発信媒体と連携させて頂くことを想定しています。

個人ブログ歓迎!秋田の話題に特化していなくてもOK

パートナーブログ転載記事  CLOCKNOTE転載元の情報を記事冒頭にリンク付きで明記

お仕事で地域情報発信をされている方はもちろん、趣味でブログを運営されている方もOKです。運営されているサイト・ブログが秋田に関する情報発信に特化している必要もありません

ご協力頂ける方とは事前にすり合わせをさせて頂き、どの記事であれば転載OKなのかを確認させて頂いた上で掲載を開始致します(例えば、〇〇カテゴリーに属している記事は転載OK、等)。

個人・法人問いません、学生※1 の方もご応募可能です。

詳しい転載条件は、ご相談頂いた方にお伝え致しますので、ご興味ある方は是非お気軽にお声がけください。※2

※1 大学生以上を想定。高校生以下はご相談ください。
※2 連携には審査があります。ご相談頂いたメディア様全てと連携するわけではありません、予めご了承ください。

【補足】転載コンテンツの取り扱いにつきまして

転載させて頂く記事はSEO上競合とならないようnoindex、nofollow、またコンテンツの主従関係を明確にするためにlinkタグ「rel=”canonical”」にて転載コンテンツが「従」であることをクローラーに伝えます。

細かい設定についてはGoogle(検索エンジン)の仕様の動向を見つつ今後必要に応じて設定は見直す可能性がありますが、基本的な考え方としては転載にご協力頂くメディアへの検索流入
に直接的な影響はないようにすること
(十分な検索流入があるコンテンツに関しては、オリジナル記事より上位表示されないこと)を向いて調整を行わせて頂きます。

おわりに

イメージ1

秋田に限らず、地方では「知ってる人は知っている」状態で情報が閉ざされてしまい、その地の魅力が十分に届いておらず、人知れず活気を失っていく地域が少なくありません。

誰もが手軽に情報発信が出来るようになった時代だからこそ、Webにおいて今情報は発信すること以上に

いかに機能させるか

がとても重要になってきたと言えます。

「どこに掲載するのか」「どうやって届けるのか」で、その情報の価値は10倍100倍差が出てしまうと言っても過言ではないからこそ、この取り組みを通じて地域のちょっとしたお役たち情報や埋もれがちな魅力を「見える化」していき、秋田の街の過ごしやすさや賑わいに少しずつ良い変化を起こしていきたいなと考えています。

県外の方はもちろん、秋田にお住いの方もご自身の地元や日頃生活しているエリア以外の地域に関する新しい発見が得られるような話題を提供していきたいと考えていますので、是非定期的にチェックしてみてください。

では今回はこのへんで。それでは〜。

パートナーメディア記事転載開始|CLOCKNOTE - 秋田

ABOUTこの記事をかいた人

カマダダイスケ

秋田市出身在住。フリーランスWeb屋・ブロガー・クロックノート運営管理人。2014年に東京からUターン。Web制作業の傍らこのサイトの運営を通じて地元秋田の魅力や課題を見える化すべくメディアを立ち上げました。取材希望・各種ご相談はお問い合わせより承っております。VALUはじめました!