パートナーメディア提供記事

元記事公開日:2017.01.07

コトノタネ ロゴ

この記事はコトノタネの「秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ」を管理人様より許可頂き転載、一部編集し公開させて頂いています。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツ3種レビュー

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

えだまめの街おおだて

そんなイメージがないですが、秋田県ってじつは枝豆出荷量が日本一らしいです(2015・2016年)。そんな中大館市ではえだまめを特産品にしようという動きが年々高まっており、市内の菓子店数店舗合同でえだまめスイーツを開発・販売しています。

その動き自体は知ってましたが食指が動かず。お正月に市内のいとくで見かけたので買ってみました。

試食

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

デザインの可愛いえだまめモナカは、わざわざ大正堂に行って買ったのに他のお店でも売られていてどういうこと!?と思ったら、&-さんのブログで謎が解けました。6社が共通のレシピでそれぞれ売り出しているとはすごい。そしてパッケージが可愛くて売り場でも目を惹きますね。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

見た目はいかにも枝豆そのもの。黒ずんだ緑色がむしろいいw 豆のつぶつぶ感がかなり残っています。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

こちらはねりやで購入。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

大好物のしっとりしたパイ生地の中にえだまめのあん。美味しいけど…ちょっと甘すぎる。枝豆感より甘みが勝ってしまう感じですね。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

さらにねりやでどら焼きです。

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

味の違いがほぼわからないですw

食べてみて

全体的にとにかく甘い。甘いだけならまだいいですがこの場合、枝豆感が薄れているのが気にかかりますね。

わたしの好みの問題かもしれませんが、仙台のだだちゃスイーツとかってもっとものすごく豆豆しいですよね。ああいう感じをイメージしていたので、うーん。

まぁそれにしたって、あん系ばかり3つ買ってしまったのもよくなかったかもしれません(無意識に好みで偏っているのが恐ろしい)。見るにシフォンケーキや焼きドーナツもあったようだし。

見た目も可愛いしコンセプトもいいと思うので、この試みは続けていって欲しいですね。


【記事提供:コトノタネ】
秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

秋田県は枝豆出荷量日本一!大館でイチオシのえだまめスイーツを試してみたよ

ABOUTこの記事をかいた人

里園(りえん)

秋田県北秋田市出身・在住、1985年生まれ。 横浜、大阪での料理人時代を経て2013年帰郷。2016年ブログ「コトノタネ」を開始。食べあるき・地域情報・音楽・レシピ・畑など多ジャンルネタで更新中。OMIYA!おみやげライター。地域情報コンテンツネットワーク「Lockets」参加。
※登場人物について:おっちゃん→旅館の倅で料理人のパートナー。